2019年春の選抜甲子園大会、星稜vs履正社で奥川恭伸(星稜)が

17奪三振をして話題です。

星稜・奥川恭伸投手の顔画像・写真(出典:twitter)




 

奥川恭伸(おくがわやすのぶ・星稜)の全17三振の動画有!

 

 

こちらのツイッター動画で、星稜の奥川恭伸(おくがわやすのぶ)

くんの対履正社戦での17奪三振がすべて見れます。
奥川くんが17三振を取った球種を見ると、ストレート、スライダー、

フォーク、スプリット(SFF)とバランスが取れていますね。

 

なかなかすごいですね。

プロに行くのでしょうか?




 

奥川恭伸(おくがわやすのぶ・星稜)wiki経歴・プロフィール

「奥川恭伸」の画像検索結果

奥川恭伸の顔画像・写真(出典:ベースボールオンライン

 

名前:奥川恭伸(おくがわやすのぶ)

出身地:石川県かほく市

生年月日:2001年4月16日

年齢:17歳(2019年3月時点)

身長:182cm

体重:78kg

学歴:石川県かほく市立宇ノ気小学校卒

   石川県かほく市立宇ノ気中学卒

    私立星稜高校在学中(石川県)

ポジション:投手(右投右打)

最高球速:151km(2019年春の甲子園、3月23日、履正社戦)

球種:ストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォーク

 

奥川くん、石川県の普通の公立中学出身で、中学3年生のとき

(2016年)には、エースとして全国制覇しています(軟式野球)。

 

そして、名門・星稜高校に入学して、2019年4月から3年生、最後の

甲子園の年です。どこまでいけますかね?

 

ちなみに、1年の秋から先発ピッチャーのレギュラーを任され、

2年生の春の選抜甲子園大会に出場(2018年)。

3試合16イニングを投げました。

 

2年生の夏の大会も甲子園に出場

2試合12イニングを投げました。

 

なお、この2018年夏の甲子園大会(第100回記念大会)では、

星稜出身の松井秀喜さんが始球式を務め、開幕戦をひきあてた

星稜ナインが守備につくという場面もみられました。

 

 

夏の甲子園後に選ばれる、侍ジャパンのU-18代表に、

2年生で唯一選ばれたのも、奥川恭伸(おくがわやすのぶ)投手

でした。

 

そして、

2019年春の選抜では、初戦の履正社戦でいきなりの17奪三振!

 

奥川恭伸(おくがわやすのぶ)投手、期待大です!




 

まとめ

以上、

 

奥川恭伸(おくがわやすのぶ)wiki経歴!全17三振の動画有!星稜vs履正社戦

 

でした。

 

春の選抜、夏の甲子園とまだ高校生としての試合が多数ありますが、

今からプロ野球選手としての姿が想像できる、奥川恭伸(おくがわやすのぶ)

選手ですね!

 

奥川恭伸くんの前には大海原が開けています!